レストランウエディング|幸せ婚でハッピーをお返し

お祝い

どのようなものを返すのか

結婚祝いのお返しというのは習慣が無ければ分からなければ、やらないという方もいますし、地域によって様々です。 基本的には結婚祝いをお金や物でいただいて、お返しを物でお返しするということになります。何を送るかはその人によって異なりますが、お菓子などの食べ物を送るかたがほとんどになります。最近では何を送るか悩む方にとってカタログギフトというものが主流となってきており、相手にプレゼントを選んでもらうことで欲しいものを受け取ってもらうということが多くなっています。 会社や友人などの大勢で結婚祝いをもらった時は、お菓子などの詰め合わせセットの方が喜ばれることが多いのと大勢で食べてもらえるということがありますのでオススメできます。

どのようにして行えばいいのか

どれぐらいのものをお返ししたらいいのかと疑問に思ってしまいますが、多くても半分までの金額にとどめるということになります。結婚祝いはありがとうございますという気持ちを込めてお返しするものであり、お礼を返すというものが礼儀になっています。口頭だけでも良いのですが、いただくのはお世話になった方になりますので送るようにしましょう。 送る期間になりますが、早すぎてもいけません。結婚祝いをいただいてから1週間後ぐらいに返すのが基本になりますので、注意してください。 何気ないことでも金額や期間、送るものによって異なってきますので、分からない場合は親に聞いたり、直前に結婚した人に聞いたり、インターネットなどで調べる等をしておくとスムーズに進めることができます。

↑ PAGE TOP