レストランウエディング|幸せ婚でハッピーをお返し

結婚内祝い

結婚祝いのお返しに関するいくつかの知識

結婚祝いのお返しのお祝いは結婚内祝いとも呼ばれています。これは通常は結婚式の引き出物のときにお返しとするのが一般的です。しかし、なんらかの事情で出席できないという場合もあります。そのようなときに、結婚祝いを頂いた場合にお返しをするのが現在の内祝いの趣旨として認識されています。 いつごろからこのような形態になったかについてはあまりはっきりはしていませんが、元々は祝い事があった家が感謝の気持ちとして贈るのが趣旨でした。それが時代と共に変化してお返しをするという意味合いになっています。 結婚祝いのお返しの内祝いの相場としては、半返しというのが定説になっていますが通常は5,000円くらいが相場であり、7,000円が多額のお祝いを頂いたときの相場となっています。結婚祝いの相場は1万円から1万5千円くらいが相場でありそれ以上は困惑する可能性があります。

品選びと贈るタイミングについて

結婚祝いのお返しの定番としては、日用品やお菓子の詰め合わせなどが定番となっています。贈る相手にも家族がいると思われますので、家族にできるだけ喜ばれそうなものを選んで贈るとよいです。また、親しい友人や親戚の場合には電話をかけて贈るものを予め通知しておくのも一つの方法です。 避けておくものはあまりありませんが、果物やケーキなどの生ものなどについては相手が不在などのときに腐ってしまう可能性がありますのでタイミングを合わせる必要はあります。 お返しのスケジュールとしては、大体結婚式を挙げてから一か月以内を目安に贈るのがマナーとなっています。贈る際にはお礼状を送付することになります。 こうした結婚祝いのお返しは今後も現在同様に続くことが予測できます。

↑ PAGE TOP